落胆する吉高由里子「かつぜつ悪いし、はぁ」

[ 2010年5月6日 17:35 ]

ドラマ「豆腐姉妹」のアフレコに臨んだ吉高由里子

 女優の吉高由里子(21)が1人で3姉妹(次女はアニメ)を演じるドラマ「豆腐姉妹」が、WOWOWで7月31日から放送(土曜深夜、全5話)される。吉高は東京都内のスタジオで本格的なアフレコに初挑戦している。

 長女絹代は、きまじめな図書館司書だが上司と不倫中。次女もめん(アニメ)は豪快な性格のキャバクラ嬢。三女由里子は人気女優だ。
 もめんのアフレコに臨んだ吉高は「自分の声嫌いです。自分ではハスキーボイスに聞こえてたんですよ、倖田來未か、わたしかぐらいに」と落胆。「かつぜつ悪いし、はぁ」とため息をついた。しかし、あらためて録音ブースに入って話を聞くと「ここ、ぐっと集中できて仕事がはかどる感じですよ」とニコニコしている。
 撮影現場では1人3役ならではの苦労も多かったそうだが、3姉妹が並んだ完成映像に吉高は「不思議だし新鮮」と声を弾ませた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2010年5月6日のニュース