ペトロシアン、再戦でうっぷん晴らして準決勝進出!ONEキックボクシングフェザー級T

[ 2019年7月13日 00:56 ]

ONE キックボクシングフェザー級ワールドGP準々決勝   ○ジョルジオ・ペトロシアン―ペットモラコット・ペッティンディーアカデミー● ( 2019年7月13日    マレーシア・クアラルンプール )

ジョルジオ・ペトロシアン
Photo By スポニチ

 元K―1 WORLD MAX世界王者のジョルジオ・ペトロシアン(イタリア)とペットモラコット・ペッティンディーアカデミー(タイ)の再戦が行われ、ペトロシアンが判定勝利を挙げた。この結果によりペトロシアンが準決勝進出を決めた。

 この2人は5月にも対戦。その際は、ペットモラコットが判定勝利を挙げた。しかし試合後、判定が適切に行なわれていなかったとして、ノーコンテストになった。物議を醸した試合の完全決着戦となった。

 試合は、ペトロシアンがレベルの高い攻防の中で、ローキックとパンチを中心に有効打を当てながら試合を作り、判定で勝利を収めた。ペトロシアンは、準決勝でスモーキン・ジョー・ナタウット(タイ)との対戦が決まった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年7月12日のニュース