タコニン 試合を止められ不満「まだまだ続行して闘いたい気持ちがあった」

[ 2019年7月12日 21:27 ]

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦   ジョナサン・タコニン●4回TKO○拳四朗 ( 2019年7月12日    エディオンアリーナ大阪 )

<拳四朗×ジョナサン・タコニン>4R、KOでタコニン(右)を破って6度目の防衛を果たした拳四朗(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 タコニンは「ラウンドを重ねるごとに、中に入ることができていた」と積極的に距離を詰めて攻めたが、4回に右カウンターを決められてキャンバスに倒れ込んだ。

 立ち上がって闘う姿勢を見せるも、主審が試合を止めた。32歳の挑戦者は「まだまだ続行して闘いたい気持ちがあったので、納得いかない」と不満げな表情で話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年7月12日のニュース