オッズも王者有利…ブラント貫禄十分「いい試合ができる」

[ 2019年7月12日 05:30 ]

WBA世界ミドル級タイトルマッチ   王者ロブ・ブラント≪12回戦≫同級4位・村田諒太 ( 2019年7月12日    エディオンアリーナ大阪 )

<ボクシング世界戦前日計量>フェイスオフで火花を散らす村田(左)とブラント(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 挑戦者より100グラム軽い72.2キロで計量をクリアした王者ブラントは「村田は前回より体調が良さそうだし、いい試合ができると思うのでうれしい」と貫禄十分に話した。

 フェースオフでも鋭い視線を受け止め「村田が準備できている証拠。自分もエキサイティングな気持ちになった」と余裕の表情。昨年10月の初戦では圧倒的不利だった試合前オッズもブラント勝利1.28倍、村田3.5倍(ウィリアムヒル社)で、ブックメーカーは2度目の防衛が有力とみている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年7月12日のニュース