清水“五輪再現”で村田援護へ「先に勝ったらあいつも頑張る」

[ 2019年7月12日 05:30 ]

<ボクシング世界戦前日計量>計量を終えてフォトセッションを行う清水(左)とノイナイ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 村田の前座に登場する12年ロンドン五輪バンタム級銅メダリストの清水聡(大橋)が「先に勝って、リング上でプレッシャーをかけることを言おうかな」と“エール”を送った。

 8戦全KO勝ちの東洋太平洋フェザー級王者は1階級上のWBOアジア・パシフィック・スーパーフェザー級王座に挑戦する。プロでの村田との競演は16年12月以来2度目で「先に勝ったらあいつも頑張ると思う。五輪もそうだった。2人とも勝って、一緒にメシに行きたい」とダブル戴冠を誓った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年7月12日のニュース