ブラント再々戦に意欲 村田にリベンジ果たされ「攻めすぎたのがミスだったかも」

[ 2019年7月12日 22:35 ]

WBA世界ミドル級タイトルマッチ   村田諒太○2回TKO●ロブ・ブラント ( 2019年7月12日    エディオンアリーナ大阪 )

<ロブ・ブランとVS村田諒太>、2回、一気に攻め立てる村田 (撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 ブラントは1回から手数を出して圧力をかけたが、2回に反撃を受けてダウンを喫し、最後は集中打を浴びた。

 昨年10月には圧倒した挑戦者にリベンジを果たされ「序盤から私が攻めすぎたのが、ミスだったかもしれない」と裏目に出た結果を受け止めた。

 村田について「彼がやるべき宿題をしっかりとやってきたという印象」とたたえ「今回のミスを払拭するためにも、3回目(の対戦)があってもいい」と意欲を示した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年7月12日のニュース