×

広島、今季2度目4連敗…菅野対策実らず 佐々岡監督「あと一本が出なかった」

[ 2022年5月20日 05:30 ]

セ・リーグ   広島1-2巨人 ( 2022年5月19日    東京D )

<巨・広>2回、併殺に倒れる小園 (撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 広島は19日、巨人戦で1―2の惜敗を喫し、引き分けを挟んで4連敗に沈んだ。今季初対戦の先発・菅野に対して先発オーダーに左打者6人を並べるも、5安打に抑えられて奏功せず。巨人には今季2度目の同一カード3連敗で今季の東京ドームは5戦5敗となった。きょう20日からは広島に戻り中日との3連戦。苦手とする交流戦開幕の前に立て直しを図る。

 何度も好機を演出しながら、最後の一本を出すのに苦労した3連戦だった。菅野に3安打に抑えられて迎えた1―2の9回。1死から西川、マクブルームの連打で先発右腕をマウンドから降ろし、大勢を引きずり出した。

 「菅野を降ろして大勢を出したという粘りは出ている。ただ、あと一本が出なかったというのが今回の巨人(3連)戦だった」

 佐々岡監督が悔やむのも当然だった。2番手の守護神ルーキーに対しても重圧は与えた。しかし最後は1死満塁から小園、野間が凡退。前夜の一戦では7イニングで得点圏に走者を進めながら2得点に終わり、この日は2イニングのみで得点もわずか1点に終わった。

 試合前の時点で今季の菅野は右打者を被打率・222に抑える一方、左には同・309と分が悪い。そこで今季初対戦だった菅野対策として大盛、野間、矢野ら先発に左打者6人を並べて臨んだものの、2回の野間の先制打が唯一の得点。8回まで連打もなく、テンポよく投げられた。

 これで引き分けを挟んで今季最長に並ぶ4連敗となった。この間の5試合は1試合平均2・6点と打線の勢いが下降線に入りつつある。16日時点でリーグトップだったチーム得点数は、今カード3連戦で巨人に抜かれて同2位に下がった。リーグトップの45犠打を数えるように、一度でも多く得点圏に走者を進めることが今季のチーム方針だ。

 「まだまだそういう(何度もチャンスをつくったという)面では、しっかりと自分たちの野球というのはできている。あとは、かみ合えば…とは思う」

 指揮官が悲観しなかった理由の一つに西川の復調気配がある。6回の左前打が5試合25打席ぶりの安打。9回1死無走者から左前打も放って7試合ぶりにマルチ安打も記録した。最終打席での一打が満塁機を呼んだように、リーグトップ53安打を誇る西川の状態が上向けば、打線も自然と活気づくだろう。

 西川を3番から動かさなかった佐々岡監督は「龍馬に安打2本が出て、また打線も変わるだろう」と期待し、西川自身も「(無安打が)止まったのは良かった。いいイメージを持って明日から頑張ります」と挽回を期した。交流戦前に打線の勢いを取り戻せるか。きょう20日からの中日3連戦が鍵を握る。 (河合 洋介)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月20日のニュース