×

オリックス コロナで12日からの楽天3連戦延期 新たに若月ら4人の陽性が10日ロッテ戦後に判明

[ 2022年4月12日 05:30 ]

オリックスのコロナ陽性選手                                     
Photo By スポニチ

 日本野球機構(NPB)と12球団は11日、オンラインで臨時実行委員会を開き、オリックスのコロナ禍できょう12日から14日までの楽天―オリックス3連戦(楽天生命パーク)の延期を決定。オリックスは1軍のチーム活動も停止する。

 この日、オリックスは若月健矢捕手(26)とスタッフ3人のコロナ陽性を発表。6~10日の短期間で宗ら陽性者が続出しており、これで8選手を含む計12人が陽性となった。若月ら4人が陽性判定を受けたのは佐々木朗に完全試合を喫した10日のZOZOマリンでのロッテ戦後。試合前に受検した検査結果で判明した。チームは楽天戦に備えて仙台へバス移動を予定していたが、この事態を受け新幹線で帰阪した。

 NPBの井原敦事務局長は延期理由に選手と接触がほとんどなかったスタッフの感染を挙げ「(感染の)広がりで感染経路を追うことが困難だと判断した」と説明した。今季の延期は早くも9試合に。12球団は検査態勢をさらに強化し、2週間に1度と見直したばかりだった定期検査の頻度を、週に1度以上に増やすことを決めた。

 オリックスは12日から1軍は京セラドームで個別練習を行い、2軍は予定通りウエスタン・リーグ広島戦(由宇)を行う予定。15日から予定する本拠での西武3連戦について横田昭作球団本部長は「状況が悪くならなければだが、開催できるように準備を進めたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年4月12日のニュース