×

新人11選手の前で広島・佐々岡監督が激励 「抽選を2回外したのは記憶にありません(笑い)」

[ 2021年12月10日 12:04 ]

<広島>佐々岡監督を中心に記念写真に納まる(前列左から)森翔平、黒原拓未、中村健人(中列左から)末包昇大、田村俊介、松本竜也、高木翔斗(後列左から)新家颯、前川誠太、中村来生、坂田怜
Photo By スポニチ

 広島は10日、広島市内のホテルで新人選手の入団会見を行った。ドラフト1位・黒原拓未投手(22、関学大)ら育成を含む11選手、松田元オーナー、佐々岡監督が登壇した。

 球団スカウトや多くの報道陣が見守る前で新人全選手が決意表明。同じ壇上から新人の意気込みを聞いた佐々岡監督は「11選手の話を聞いて緊張している中でもしっかりと発言をして頼もしく感じました。今年のドラフトでは、チームの補強ポイントとして即戦力左腕、将来性のある選手をしっかりとドラフトで獲得できた。抽選を2回外したのは記憶にありません。この中から新人王が取れるような投手が出てくることを期待していますし、1軍の戦力として一体となって優勝を目指せるように頑張りたいと思います」とコメントした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月10日のニュース