ソフトバンク田中正義5年目初アップ 先発挑戦へ「ローテ入る気持ちで」

[ 2021年12月1日 12:22 ]

<ソフトバンク契約更改>契約を更改し会見する田中(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・田中正義投手(27)が1日、ペイペイドーム内の事務所で契約交渉し、5年目で初アップとなる200万円増の年俸1300万円でサインした(金額は推定)。「来年のきっかけになった。1年間、1軍の戦力になっていきたい。本当に大事な試合に投げるためにはどうしたらいいか、三振を取れる決め球を重点的にやっていきたい」と目標を掲げた。

 2016年5球団競合のドラ1右腕は今季、中継ぎとして自己最多18試合に登板し、防御率2・16。「自分にとっては大きい1年。やってきたことが形になる希望が見えた」と手応えを感じた。

 来季、藤本監督からは先発候補として期待を受ける剛腕は「チャレンジさせてもらえるなら一生懸命やりたい。ローテーションに入っていく気持ちでこのオフ過ごしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年12月1日のニュース