ソフトバンク・栗原、リュックから金メダル 歓喜の報告「貴重な経験させてもらった」

[ 2021年8月10日 18:26 ]

井出コーチに金メダルを見せる栗原
Photo By スポニチ

 東京五輪に出場していたソフトバンク・栗原陵矢捕手(25)と千賀滉大投手(28)が10日、チームに合流した。栗原は筑後ファーム施設に到着すると、リュックから金メダルを取り出し、歓喜の報告を行った。

 「貴重な経験をさせてもらった。改めてレベルの高さを痛感し、まだまだ技術や体力を高めていかないといけない」

 本大会での出場は2日、アメリカ戦で犠打を決めた1打席だけ。チームでは主軸を担うだけに「ゲームに出られていないので不安はある。もう1回しっかりやらないといけない。気持ちを切り替えてシーズンに向けて頑張りたい」と再出発に向け、気を引き締めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月10日のニュース