広島・栗林 1回零封で17試合連続無失点 初の雨中登板も「雨が弱くなっていたので大丈夫」

[ 2021年5月17日 05:30 ]

セ・リーグ   広島3-3DeNA ( 2021年5月16日    マツダ )

<広・D>9回に登板した栗林は無失点に抑える (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・栗林が1回無失点でデビューからの連続無失点を17試合に伸ばした。

 同点の9回に登板し先頭のオースティンに1球を投げたところで降雨による7分間の中断。再開後は連続三振で2死とし単打と四球で一、二塁とされたが牧をフォークでバットに空を切らせた。

 プロ入り後、初の雨中登板で「少し神経質になった部分はあったけど(再開後に雨脚が)弱くなっていたので大丈夫だった」と最後まで冷静だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年5月17日のニュース