ルーキーに熱視線 九州・沖縄の社会人野球

[ 2021年3月17日 08:02 ]

西部ガスで活躍を誓う野中(右)と平野
Photo By スポニチ

 九州・沖縄の社会人野球ルーキーがスタンバイ!社会人野球の2021シーズンが東京スポニチ大会で開幕した。九州・沖縄のJABA(日本野球連盟)各チームは新人選手が加入し調整に懸命。昨年の都市対抗8強入りの西部ガス(福岡市)には亜大の野中翔太(22)、平野友都(22)の強打コンビが入社。同じく8強のHonda熊本(大津町)はこちらも亜大の152キロ右腕、高山大河(22)が加入。戦力充実で今季はさらに上位を目指す。

 東都の強豪・亜大の強打者コンビがそろって西部ガス入りした。「チームが都市対抗と日本選手権に出場できるようバットで貢献したい」と野中が話せば、平野も「目標の日本一に力を尽くしたい」と意欲を込めた。

 亜大は昨秋の東都リーグ(1部)で巨人ドラフト1位・平内、楽天4位の内間ら強力投手陣と、主将で広島6位の矢野ら強力布陣で8季ぶりの優勝を決めた。野中は2年春からリーグ戦に出場し、3年春にはDH(指名打者)で4番を務めるなど通算20試合で打率・200、1本塁打をマーク。平野も昨秋は代打と守備固めで優勝に貢献した。

 2人は小中高、大学を通してのチームメートだ。佐賀・諸富南小3年でともに軟式野球をはじめ、諸富中軟式野球部でプレー。佐賀商では平野が3番、野中が4番で力を合わせて2年春秋、3年春の県大会に優勝。さらに亜大時代を含めて通算14年間も同じユニホームで汗を流した。そしてともに地元にUターン。野中は「戻ってこられてよかった。平野とは黙っていてもなんとなく気持ちは分かり合う。2人でチームを引っ張っていけたらと思う」と誓い、平野は「性格やタイプは違うけど野中が打ったら自分も打つんだと互いに刺激し合ってきた」と社会人でも幼なじみの切磋琢磨(せっさたくま)を目指す。

 亜大からは今春、プロ入り3人、社会人入り9人と多くの硬式野球継続者が出た。「大学在籍の4年で合計8人がプロ入りした。平内たちに自分も負けないように、社会人の舞台で頑張りたい」と野中。平野は「ステージは違うけれどプロ入りした同期生に自分たちの名前と活躍が届くよう頑張りたい」とともに闘志を燃やす。チームは昨年の都市対抗で初勝利、さらにベスト8入りも果たす躍進を見せた。新しいシーズンの合言葉は「都市対抗8強超え、そして頂点」。強打の亜大コンビが西部ガスの次の扉を開く。

 <Honda熊本>こちらも亜大出の右腕は巨人のドラ1・平内と投げ合う!Honda熊本の高山が「東京ドームは都市対抗の舞台だし、平内と同じマウンドに自分も立ちたい」と夢を広げた。

 平内、内間(楽天4位)ら強力な亜大投手陣の中で高山はリリーフを担当。最速152キロの速球とカットボール、ツーシームなど多彩な変化球を武器に、昨秋の東都大学リーグでは4試合で1勝を挙げ、リーグ優勝に貢献した。平内には「学部(経済学部)が一緒で2人で行動することも多く仲が良かった。プロでも活躍して欲しいし、こっちも負けられないと思う」とエールを送り、自らも刺激剤にするつもりだ。

 八代市生まれの高山にとってHonda熊本は地元チーム。「チームは(昨年都市対抗の)ベスト8を超えるのが目標なので、抑えでも先発でもどんな場面でも全力投球で力になりたい」と活躍を誓った。

 H…昨秋の東京六大学リーグ首位打者、竹葉は「ヒットだけじゃなくバントや小技でもチームに貢献したい」と意欲を見せる。立大では4年春に正捕手の座を獲得。同秋は9試合でスタメンマスクをかぶり、打率・429で大学初タイトルを獲得した。昨年の都市対抗で4番を打った浜岡が引退し、正捕手の座を4年目の馬場、3年目の丸山と争うが「レベルの高い投手陣をリードする責任感もあるが楽しみもある」。二塁送球1・83秒の強肩も含め、バットと堅守で猛アピールする。

 H…関東学院大出の古寺は長打力が武器。大学3年時に社会人MHPSを相手に、横浜スタジアムの左翼席に決勝2ランを決めて注目された。3月13日のオープン戦(対西部ガス)では「4番・DH」で先発出場。19年JABA九州大会のMVP左腕・田中から本塁打を放つなど4安打。早くも主軸打者として存在感を発揮する。


 <JR九州> 小倉工で高校通算48本塁打を記録した久木田はオープン戦で猛アピール中。1メートル74、90キロのパワーあふれる体型で三塁と一塁を器用にこなす。自慢のバッティングは「高校に比べて社会人の投手は変化球の切れがすごい」とまだ湿りがち。それでも「アマ野球の最高峰でしっかり結果を残し、将来はプロ入りを目指したい」と前向きだ。


 ○…西部ガスの新人は5人で、安永は日本文理大で1年から4番を打ち、ペイペイドームで逆方向の左翼に本塁打を決めるなど長打力がある。Honda熊本の内田は久留米市出身で埼玉栄を経て、1メートル82の長身から最速153キロを投げ込む。JR九州の前野は鹿児島城西・佐々木誠監督から「高校生離れしたスライダーを投げる」と高評価された最速143キロの右腕。

 九州三菱自動車は右サイド投げで制球力が武器の横崎、昨秋東都大学リーグ(3部)の最優秀投手に輝いた米村ら9人が入った。宮崎梅田学園の武者は首都リーグ(2部)で首位打者1度、遊撃手でベストナインが2度の好打者。黒飛は3年間で公式戦わずか3勝の屋久島高出身。沖縄電力の新城は高専と国立琉球大卒の25歳、異色の“高学歴”選手だ。

 ◇九州・沖縄の主なJABA社会人野球チーム新人選手◇
(選手名 守備 出身校)
<西部ガス>  
野中 翔太 捕 佐賀商―亜大
平野 友都 内 佐賀商―亜大
八木 大輝 内 れいめい―宮崎産経大
森杉 亮太 外 彦根東―鹿屋体大
安永 元也 外 九州国際大付―日本文理大
<JR九州>  
前野 将輝 投 鹿児島城西
友利 有也 内 八重山―青森大
久木田和志 内 小倉工
村上 凌一 内 門司学園
<九州三菱自動車>  
高槻  陸 投 京都共栄学園―環太平洋大
横崎 裕哉 投 創成館―日本文理大
米村建一郎 投 福岡大大濠―東農大
飯村 将太 投 霞ヶ浦―桜美林大
大久保雄大 捕 創成館―中部学院大
中島 巧喜 内 創成館―近大工学部
益田 海成 外 日南学園―国士大
宮木 紳道 外 日大三―日体大
藤元 雄太 外 慶応―慶大
<Honda熊本>  
内田 了介 投 埼玉栄
高山 大河 投 神村学園―亜大
竹葉 章人 捕 龍谷大平安―立大
古寺 宏輝 内 大阪桐蔭―関東学院大
<宮崎梅田学園>  
田中 佑樹 投 鵬翔―宮崎産経大
黒飛 海太 捕 屋久島
知花 大義 内 石川―東農大オホーツク
細谷 大河 内 川崎工科―鶴見大
武者 壮輝 内 山村国際―大東大
江藤 雄樹 内 早鞆―京都先端科学大
大森 聖也 内 大阪桐蔭―東海大―コンピュータ教育学院
<沖縄電力>  
仲本 千聖 投 筑紫台―コンピュータ教育学院
古波蔵悠悟 投 沖縄水産
幸良  諒☆ 投 興南―東農大―Honda
新城 翔太 外 沖縄高専―琉球大
(☆は移籍)  

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月17日のニュース