巨人・松原 自慢の足で2安打「長所をどんどん生かしてアピールしたい」

[ 2021年2月27日 21:23 ]

練習試合   巨人5―1広島 ( 2021年2月27日    沖縄セルラー )

巨人・松原
Photo By スポニチ

 巨人・松原聖弥外野手(26)が広島との練習試合に「7番・右翼」で先発出場。2回の第1打席にバント安打を決めるなど、自慢の足で2本の内野安打を稼いだ。

 「生き残るためにはどんな形でも出塁しないといけない。一つでも武器を増やせればなと思う」と今季は積極的にセーフティーバントにも挑戦していくつもりだ。FAで梶谷が加入するなど外野手のポジション争いはし烈。それでも「やることは変わらないので。自分の長所をどんどん生かしてアピールしたいです」と意気込んだ。

 昨季はシーズン中盤から「2番・右翼」でスタメンに定着し、86試合に出場。さらに日本シリーズにも出場した。さらなる飛躍を目指して取り組んでいる今キャンプは「あまり納得いってない。梶谷さん見てると全然違うんで。どうやったら追いつけるのかなというのを毎日考えています」とレベルアップを誓っていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月27日のニュース