若虎はスクスク成長中 阪神・及川が5回1失点 熊谷、ドラ7高寺がマルチ安打

[ 2021年2月27日 16:00 ]

2軍練習試合   阪神4ー1四国・香川 ( 2021年2月27日    安芸市営球場 )

四国・香川戦で先発して5回3安打1失点の阪神・及川
Photo By スポニチ

 阪神先発の及川は今春最長の5回を投げて、3安打1失点。最速は5番・望月の第1打席で投じた138キロだった。

 初回、2死無走者から田代に136キロを左翼観客席に運ばれたものの、以降は走者を出しながらも追加点を許さなかった。

 「3番・中堅」で先発出場した熊谷は、4回無死二塁で右前適時打、5回2死走者一塁で左前打と複数安打を記録。連続安打を5試合に伸ばし、存在感を発揮した。「1番・右翼」で出場した江越は、7回1死から137キロを左中間スタンドへ運び、2戦連続となる本塁打。新人の高寺も、プロ初の複数安打を記録した。
 

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月27日のニュース