DeNAがe日本シリーズ進出 eクライマックスシリーズで巨人下す

[ 2021年2月27日 23:24 ]

DeNAがe日本シリーズ進出を決めた(C)Nippon Professional Baseball (C)Konami Digital Entertainment
Photo By 提供写真

 日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメントが共催するeスポーツの大会「eBASEBALL プロリーグ」の、セ・リーグの「eクライマックスシリーズ」が27日に行われ、リーグ優勝をしていたDeNAが勝ち抜いて「e日本シリーズ」への進出を決めた。試合の模様はYouTubeなどで配信された。

 eクライマックスシリーズのファーストSは、リーグ2位の阪神と同3位の巨人が対戦。巨人が第1戦に11―4、第2戦に7―5と2連勝して「下克上」でファイナルSへの進出を決めた。

 ファイナルSはリーグ優勝のDeNAと巨人の対戦。第1戦は巨人が7―1で大勝したが、ここからDeNAが反撃に転じる。第2戦は5―5で引き分け。そして第3戦。DeNAは2―0の完封勝利を収め、e日本シリーズへの進出を決めた。キャプテンの河合祐哉選手は「逆境を跳ね返せたのは、応援してくださっている皆さんのおかげだと思う」と喜んだ。

 28日にはパ・リーグのeクライマックスシリーズが行われ、3月6日のe日本シリーズの対戦カードが決定する。試合の模様は公式YouTubeチャンネルなどでライブ配信される。

 大会はセ、パ12球団に各4人のプレーヤーが所属。ゲームソフト「eBASEBALLパワフルプロ野球」を使用して勝敗を争う。日本一チームの4人には合計でイベント協力の報酬として総額1680万円が支払われる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月27日のニュース