【3月26日開幕戦】パ5球団が開幕投手公表 セは現時点で公表ゼロ、開幕投手候補の故障も事情に

[ 2021年2月27日 18:25 ]

初の開幕投手を務めるオリックス・山本は捕手・頓宮と笑顔でベンチに引き揚げる(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 プロ野球は3月26日にセ・パが同時開幕する。開幕まで1カ月を切った27日、楽天は涌井秀章投手(34)、オリックスは山本由伸投手(22)の開幕投手が決定し、これでパはロッテ以外の5球団の開幕投手が決まった。ロッテは開幕の相手となるソフトバンク戦で昨季5勝1敗と好成績を残した美馬学投手(34)が有力視されるがどうか。

 【パの開幕カードと開幕投手】
 楽天─日本ハム(16時・楽天生命パーク)
 (楽)涌井秀章(3年ぶり10度目) 
 (日)上沢直之(2年ぶり2度目)

 西武─オリックス(18時・メットライフ)
 (西)高橋光成(初)
 (オ)山本由伸(初)

 ソフトバンク─ロッテ(18時30分・ペイペイドーム)
 (ソ)石川柊太(初)
 (ロ)未公表

 一方、セは開幕候補と言われる投手に故障もあり、公表された球団はない。DeNAは今永昇太投手(27)が昨年10月に左肩を手術しており、開幕投手は大貫晋一投手(27)や平良拳太郎投手(25)が候補となりそうだ。阪神も西勇輝投手がぜんそくの検査でキャンプ本体を離脱しており、調整がどうなるか。広島も大瀬良大地投手(29)が昨年9月に右肘手術。すでにキャンプで1軍に合流しているが、仕上がりを見る必要がありそうだ。

 巨人は菅野智之投手(31)、中日は大野雄大投手(32)、ヤクルトは小川泰弘投手(30)が最有力だが、中日は開幕2カード目が巨人戦となるため、戦略上の思惑も絡みそうだ。

 【セの3月26日の開幕カード】
 巨人─DeNA(18時・東京ドーム)
 ヤクルト─阪神(18時・神宮)
 広島─中日(18時・マツダ)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月27日のニュース