×

楽天・克則コーチ「もう1年か。早いなぁ」ノムさんの「意思を受け継ぐ」

[ 2021年2月12日 05:30 ]

野村克也さん一周忌

命日に父・野村克也氏を偲んだ楽天・野村克則コーチ(球団提供)
Photo By 提供写真

 野村克也さんの息子の克則育成捕手コーチは球団を通じて「もう1年か。早いなぁ、という思いが今の正直な気持ちです」と心境を語った。1月24日に行った一周忌の法要で墓前に手を合わせた。今季から若手捕手の育成を担っており「教わったことを次世代につなげていきたい。野村監督の意思を受け継ぎながら石井一久GM兼監督のもと、選手の育成に尽力してまいります」と誓った。

 ヤクルト監督時代の教え子である石井監督も「野村監督のように選手が一流になる手助けをしたい。シーズン後に良い報告ができれば」と決意を口にした。

 ▼渡辺打撃コーチ この世界で生き抜くすべを教えていただいた恩師ですので、感謝の思いしかない。日本一になって「やりましたよ!」という報告ができるように頑張ります。

 ▼鉄平打撃コーチ 野村監督が僕たちに教えてくれたことは「考えてやる野球」「準備する野球」。そういったことを継承して選手たちにつなげる、勝ちにつなげられるようにして今季が終わった時にいい報告ができればと思います。

 ▼小山投手コーチ 野村監督の下で考える野球の大切さを教わり、コーチとして教える立場になった時に身に染みて分かったので、次の世代の選手たちにしっかりと伝えていきたい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年2月12日のニュース