西武・源田がノーエラー宣言 昨季快挙の広島・菊池に刺激「二遊間でノーエラーは不可能だと」

[ 2021年1月19日 17:05 ]

<西武・自主トレ>守備練習する源田(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 西武の源田壮亮内野手(27)がオンライン取材に応対し「ノーエラーでいきたい」と宣言した。

 昨季は広島の菊池が二塁手として史上初となるシーズン無失策を達成。遊撃手として3年連続でゴールデングラブ賞を受賞している名手は「悔しいとかは全くなくて、単純に“うわっすげえな”と。正直、二遊間でノーエラーは不可能だと思っていた。菊池さんがそれをやってのけて、すごい出来事」と目を丸くした。

 「送球エラーが多かった」と自らの課題も把握しており、一塁手が取りやすいようにワンバウンドで投げる練習も取り入れている。「希望をもらった。僕も目指したい」。遊撃手としてシーズン無失策を達成すれば、もちろん史上初の快挙。鉄壁の守備にさらなる磨きを掛け、前人未踏の記録に挑戦する。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月19日のニュース