楽天・石井GM兼監督 田中マー君について「日本でプレーする意思がある時は声をかける」状況を見極める

[ 2021年1月18日 16:52 ]

楽天・石井監督
Photo By スポニチ

 楽天の石井一久監督兼GM(47)が18日、ヤンキースからFAとなっている田中将大投手(32)について「米国の状況がどうなるか分からないとろこもあるので、彼の気持ちを尊重して考えたい。もし日本でということになれば、もちろん帰ってきてほしいと言わない理由はない。また仙台、東北でプレーしてもらいたい」との考えを示した。

 新型コロナウイルスの影響でMLBも今シーズンの先行きは不透明な状況だ。現状は米国のFA市場の状況を見極めている状況で、指揮官は「米国の移籍の動きが少ないので、状況を見ながらしっかり判断したい。日本でプレーする意思があるときは、声をかけない理由はない。楽天で功績を残して、それだけのキャリアを積み重ねてきた選手なので」と強調した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月18日のニュース