オリックス・ドラ5中川拓が誇る「驚異の肉体」測定装置で新人1位の数値をたたき出す

[ 2021年1月14日 05:30 ]

練習の合間に笑顔が浮かぶオリックス・中川拓(中央)(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 オリックスのドラフト5位・中川拓(豊橋中央)は、この日の新人合同自主トレで初めて山下とキャッチボールし、「愛知選抜の時に受けた(中日ドラ1)高橋宏斗とは違った破壊力。重さが違う」と目を丸くした。

 高校通算44本塁打を誇る強肩強打の捕手で肉体自慢。体脂肪率や体水分量、タンパク質量なども測定できる分析装置「インボディ」では高卒新人で1位の100点中95点を記録。「技術の向上と体づくりを並行してキャンプで出せるように」と力を込めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月14日のニュース