中日・山井 40%減でサイン「もう少し愛情あるチームづくり」要望

[ 2020年12月5日 05:30 ]

大幅ダウンで契約更改を終え、チームへの思いを語る山井(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 42歳で球界最年長投手の中日・山井は6試合で防御率9・00に終わり、減額制限(1億円以下は25%)を上回る40%(1860万円)減の2790万円で契約を更改した。

 来年5月で43歳。今季に続いて球界最年長投手として挑む20年目へ「ドラゴンズで最後になるかもしれないし、そのつもりで来年、チームの勝利に貢献できれば」と覚悟を固めた。交渉の中では「もう少し愛情あるチームづくり、ドラゴンズにいてよかったなという契約をしてください」と球団に要望した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年12月5日のニュース