×

西武4位、駒大・若林「球界を代表する選手」へ 「ワカパンチ」で外崎の道!

[ 2020年11月18日 05:30 ]

入団交渉を終え記念撮影に応じる西武ドラフト4位の駒大・若林
Photo By スポニチ

 西武からドラフト4位で指名された駒大・若林楽人(がくと)外野手(22)が17日、都内で入団交渉を行い、契約金4000万円、年俸1000万円で合意。「球界を代表する選手になりたい」と目を輝かせた。

 外崎の「アップルパンチ」のように「ワカパンチ」の定着を狙う。今秋の東都大学野球での4本塁打だけでなく50メートル5秒8で内野もこなし、走攻守そろったユーティリティー選手として「外崎二世」との呼び声も高い。憧れも強く「技術も打撃も勉強になる」と語る。

 外崎の社会貢献活動にも着目する。1盗塁ごとに埼玉県内の「こども食堂」などに1万円を寄付する姿勢に「自分も盗塁で取り組みたい」と宣言。実家が北海道白老町の浄土真宗「真証寺(しんしょうじ)」で父が僧侶とあり、奉仕精神が大切であることも知る。

 元DeNA監督で駒大OB会長の中畑清氏(本紙評論家)からも関係者を通じ「技術だけでなく声、あいさつも大事」と金言も受けた。大先輩の後押しも受け、プロに飛び込む。(大木 穂高)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月18日のニュース