日本ハム・吉岡2軍打撃コーチが退団、契約満了 野村ら育成

[ 2020年11月18日 15:27 ]

日本ハム・吉岡雄二2軍打撃コーチ
Photo By スポニチ

 日本ハムは18日、吉岡雄二2軍打撃コーチ(49)が契約満了に伴い退団すると発表した。

 同コーチは1989年夏、帝京のエース兼4番として全国制覇に貢献。同年秋のドラフトで巨人から3位指名を受け、投手として入団した。右肩を痛め4年目年に野手へ転向すると、長距離砲として巨人、トレード移籍した近鉄や楽天でも活躍。通算15年間で883安打、131本塁打、463打点をマークした。

 引退後は四国ILコーチを経て、17年11月から日本ハム2軍打撃コーチに就任。野村佑希内野手(20)らを育てた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月18日のニュース