享栄・上田“近藤2世”だ!7回1失点&11K 直接視察の“本家”も太鼓判「素材はいい」

[ 2020年7月20日 05:30 ]

愛知大会2回戦   享栄7―1名古屋大谷 ( 2020年7月19日    春日井 )

<享栄・名古屋大谷>7回1失点の好投をみせた享栄・上田(撮影・平嶋 理子)                                                                   
Photo By スポニチ

 豪腕には、青空がよく似合う。灼(しゃく)熱の太陽をバックに、享栄(愛知)・上田が奪三振マシンと化した。緊張感の残る初回こそ押し出しで1点を失ったが、ボールが低めに集まれば敵はいない。自己最速にあと1キロと迫る142キロを計測し7回を被安打4、11奪三振。冷静な口調で、ラストサマーの滑り出しを分析した。

 「ボールが浮いた立ち上がりが反省で、自分の投球を取り戻せた2回以降が収穫です」

 1メートル84、93キロの本格派。ネット裏に集った6球団のスカウトの中には、同校OBで1986年に春夏連続で甲子園出場へ導いた近藤真市氏(現中日スカウト)の姿もあった。同じく超高校級左腕として騒がれた先達。「春に比べて下半身が使えるようになったし、素材はいい」とプロの目で評価しながら「あとは本人がどれだけプロを意識して成長できるか。甘い世界ではないので」と先輩としては厳しい言葉も贈った。

 ただ、上田は5月にプロ志望を表明し練習に対する取り組みも変わった。コロナ自粛期間中は故郷の富山県高岡市へ帰省しウェートトレーニングで下半身を強化。練習が再開して以降は、毎日外野のポール間を往復6本走り、下半身を徹底的にいじめてきた。「プロのキャンプでついていくためです」。自分の進む道に迷いはない。

 「間違いなくプロのレベルでやれる選手。素晴らしいものを持っている」。広島・堂林らを育てた大藤敏行監督も太鼓判を押す。豪快な投げっぷりと強気な性格は「近藤2世」にふさわしい。「大会に出るからには優勝したい」。23人の3年生だけで臨む最後の夏。激戦区の頂点に立つ栄光は、甲子園出場に匹敵するほど尊い。
(堀田 和昭)

 ◆上田 洸太朗(うえだ・こうたろう)2002年(平13)9月6日生まれ、富山県高岡市出身の17歳。福岡中時代に所属した高岡ボーイズでは日本代表の一員として17年の世界少年野球大会で世界一。享栄では1年夏からベンチ入りし2年秋から背番号1。最速143キロにカーブ、スライダー、カットボール、チェンジアップを操る。1メートル84、93キロ。左投げ左打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月20日のニュース