オリックス ドラ1・宮城、新球フォークに挑戦「決め球として使えるように」

[ 2020年4月17日 05:30 ]

ブルペンで投球練習をする宮城(球団提供)
Photo By 提供写真

 オリックスのドラフト1位・宮城が新球フォークの習得に乗り出した。大阪・舞洲の球団施設で32球の投球練習。フォークはキャッチボールで投げ始めたところで「まだ投球練習で投げる段階ではないが、決め球の落ちる球として使えるようにしていきたい。ゲームで投げることができるようになれば投球の幅も広がってくる」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月17日のニュース