楽天・浅村 同じ右の大砲候補4人と「Team浅村」結成!「自分も発見がある」

[ 2020年1月14日 05:30 ]

愛媛県内で合同自主トレを行っている(左から)楽天・オコエ、フェルナンド、浅村、西武・愛斗、楽天・内田                             
Photo By スポニチ

 楽天の浅村栄斗内野手(29)が13日、愛媛県内で自主トレを公開。移籍2年目の今季は、リーグ優勝と東京五輪で金メダル獲得に貢献することを目標に掲げた。今年から同僚の内田、オコエ、フェルナンド、古巣・西武の愛斗が自主トレのメンバーに加入。「チーム浅村」のリーダーとして、飛躍を目指す後輩たちをサポートし、キャンプインに向けた準備を進めている。

 全員が「Team浅村」のロゴが入ったおそろいのウエアを身にまとい、汗を流す。浅村にとって愛媛での自主トレは5年目を迎えた。西武時代の同僚、熊代、外崎らと合同トレを行うのが恒例。今年から新たに楽天から内田、オコエ、フェルナンド、西武・愛斗も加わった。4人とも浅村と同じ右打者で長打力を売り物とする。

 「期待されている選手たち。分かる範囲でアドバイスして、少しでも助けになれば。教えるのは難しいけど、どうやって伝えるかを考えることで自分も発見がある」。自身も若手時代に先輩に導いてもらった経験がある。4年目まで当時、西武で先輩だった中島(現巨人)に師事し「今の自分があるのは間違いなく中島さんのおかげ」と振り返る。キャリアを重ね、今は自分が後輩たちを手助けをする側の立場になった。

 練習は超ハードだ。午前中は9時半からみっちり体幹トレーニングに時間を費やす。午後は夕方までノックや打撃練習などを行う。「体幹メニューが10種類ぐらいあってめっちゃキツい。2日目の朝、全身筋肉痛で起き上がれなかった」と内田。シーズンを戦い抜くために、徹底的に体をいじめ抜く。「これをやれば体の軸ができて、キャンプも楽になる」と浅村。実績を残しているだけに説得力があり、フェルナンドは「とにかくキツいけど丁寧に教えてもらっている」と感謝した。

 西武の山川や森も参加していた時期があり、愛媛から強打者を輩出する「出世自主トレ」でもある。浅村は新加入組に「今年はここにいるみんなで1軍で頑張ろう」と声を掛けた。「自分が活躍すればチームも勝てる。良い成績を残して五輪に向けてアピールしたい」。2年ぶり2度目の打率3割、30本塁打、100打点を見据える29歳が楽天のため、日本のために力を尽くす。 (重光 晋太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月14日のニュース