西武・栗山 松坂先輩とのお立ち台熱望「そうなったら最高」

[ 2019年12月28日 05:30 ]

西武の栗山巧外野手
Photo By スポニチ

 西武・栗山が、松坂とのお立ち台での「競演」を熱望した。来季は平成の怪物が14年ぶりに古巣に復帰する。当時、ともにプレーしていた選手は栗山、中村のベテラン2人しか残っておらず、栗山は「松坂さんとお立ち台に上がりたいですね。そうなったら最高だし、松坂さんもうれしいと思う」と声を弾ませた。

 栗山は02~06年まで松坂とチームメートだったが、その際は一緒にお立ち台に上がる経験はなかったという。「あれだけ実績のある方。また一緒にやれるのは本当に楽しみ」。松坂がマウンドに上がった試合で、同じ36歳コンビの栗山&中村がバットで援護。そして、勝利のお立ち台へ――。そんな夢のようなシーンを思い描く。(鈴木 勝巳)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月28日のニュース