大阪ガス、サヨナラ発進!小深田“楽天対決”5の0も「次こそ活躍したい」

[ 2019年10月26日 21:47 ]

第45回社会人日本選手権 1回戦   大阪ガス1―0Honda鈴鹿 ( 2019年10月26日    大阪ドーム )

<大阪ガス・Honda鈴鹿>6回2死、河津の打球をさばく大阪ガス・小深田(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 楽天からドラフト1位指名を受けた大阪ガスの小深田が「2番・遊撃」でHonda鈴鹿戦にスタメン出場した。昨年この大会で2回戦で延長タイブレークの末、敗れた相手だけに「同じ相手にまたやられたくない」と意欲を見せて臨んだ。

 先発は楽天6位指名の右腕・滝中。来年からチームメートとなることが確実な対戦だったが、この日は5打数無安打に抑えられた。それでもチームは延長11回、5番古川が右にサヨナラヒットを放ち、初戦突破。小深田は「次こそ活躍したい」と気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月26日のニュース