法大 常総コンビで無傷勝ち点3 鈴木「下手な投球はできないと思った」

[ 2019年10月7日 05:30 ]

東京六大学野球秋季リーグ戦第4週最終日   法大2―1明大 ( 2019年10月6日    神宮 )

<法大・明大>6回から登板した法大2番手の鈴木(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 常総学院の同級生コンビが投打で躍動し、法大は開幕6連勝を決めた。打っては2番・中村迅が3回に右中間へ2点適時二塁打。1点差に迫られた6回からは左腕・鈴木が2回無失点と好投した。

 代打・森下を見逃し三振に仕留めた鈴木は「相手側にも(2番の)陶山とか常総OBがいるし、下手な投球はできないと思った」。2季ぶりの優勝へ、次週は慶大との大一番だ。中村迅は「チーム一丸で頑張りたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月7日のニュース