巨人阿部という男 ロッカーに戒めの落球写真 「全身の毛穴を引き締めて」試合へ

[ 2019年9月24日 11:00 ]

<ヤ・巨24>8回1死、右越えソロを放った阿部(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 巨人・阿部は誰からも慕われた。恒例の1月のグアム自主トレには多くの後輩を連れていった。坂本勇、長野、大田、小林、岡本…。寝食を共にし、培った技術を惜しみなく伝えた。

 外国人選手とも積極的にコミュニケーション。07~10年に在籍したオビスポには「イワオ・トオル」という日本名を名付けたこともあった。助っ人がチームに溶け込めやすい雰囲気を率先して作った。

 自分自身には厳しかった。主将としてチームの先頭に立っていた12年。5月8日に宇都宮で行われたDeNA戦だった。3点リードの9回2死。阿部はキャッチャーフライをまさかの落球。これを機に同点に追いつかれ、試合は引き分けに終わった。「きょうは寝れねえな。あした取り返すしかない」と球場を後にした。

 帰京すると、東京ドームのロッカーに落球シーンの写真を貼り付けた。「写真を見て試合に臨む。全身の毛穴をキュキュッと引き締めてね」。戒めとして、シーズン最後まではがさなかった。ミスを真っ正面から受け止めた背番号10は、キャリアハイの打率・340、104打点のリーグ2冠に輝く活躍で、チームを3年ぶりの日本一に導いた。

 ファンからも愛された球界屈指の名捕手。惜しまれながらも、ユニホームを脱ぐ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月24日のニュース