【新井貴浩 視点】巨人・菅野&炭谷さすが 5回狙って打たせた日本ハム・近藤の二ゴロ併殺

[ 2019年6月17日 08:30 ]

交流戦   巨人7-3日本ハム ( 2019年6月16日    札幌D )

炭谷を勝利のハイタッチで迎える菅野と原監督ら(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 巨人・菅野は攻撃陣に激励してもらった感じだ。復帰2戦目で探りながら入った初回に3失点。直後に逆転の援護を得たことで吹っ切れた。本調子にほど遠い中、スライダーを軸球にして立て直した。

 そのスライダーも初回は追い込んでから決めにいったところを大田に痛打されていた。悪くない高さだったから、「あれ?」と思ったはずだ。ただ、それ以上に直球のコントロールが安定していなかったから、消去法でスライダーを軸に据えた。抜け気味だったフォーシームを減らし、シュートさせるワンシームの割合を増加。修正力の高さはさすがだ。

 5回無死一、二塁で近藤を二ゴロ併殺に取った投球が大きい。1ストライクから外角へのワンシーム。コースは良かったが少し高かった。近藤は技術の高い打者だ。普段通り来た球を打ち返す意識だったら違う結果になっていたかもしれない。最悪でも走者が進めるように引っ張る意識が頭の中にあったように思う。もちろん、チームのことを考える近藤の姿勢は素晴らしい。それも含めて菅野―炭谷のバッテリーは察知していた。偶然ではなく、狙って打たせたゴロだ。

 黒田博樹さんの言葉を思い出す。「調子が悪い時に、どうチームを勝たせるか。それが大事だ」。エースの投球を菅野が見せた。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月17日のニュース