楽天・岸、また広島に勝てず今季初黒星 12球団制覇もお預け

[ 2019年6月17日 05:30 ]

交流戦   楽天2-4広島 ( 2019年6月16日    楽天生命パーク )

7回、勝ち越しを許した岸は顔を手で被いながらベンチに戻る(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 楽天のエース岸が7回3失点で今季初黒星。2―2の7回、先頭・高橋大に与えた四球をきっかけに2死二塁とされ、西川に決勝の左前適時打を浴びた。

 外角低めのチェンジアップはコースも悪くなかったが「うまく打たれた。それよりも四球。点の取られ方が悪かった。勝ちたかった」と悔しがった。

 通算124勝を挙げながら、広島戦は12球団で唯一勝ち星がない。これで08年から通算11試合で0勝8敗となり、12球団勝利はお預けとなった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月17日のニュース