ロッテ・岡、先頭打者弾 井口監督「ああいう1番打者が必要」と評価

[ 2019年2月25日 05:30 ]

練習試合   ロッテ3―2西武 ( 2019年2月24日    春野 )

先頭打者本塁打を放ち、ナインに迎えられるロッテ・岡
Photo By 共同

 岡が初回、左越えに先頭打者弾を放った。高木勇の初球を捉え「ビジターの1番なのでチームに勢いをつけたかった」。2打席目も初球を左前打。

 昨季途中に日本ハムから移籍。ドラフト1位・藤原(大阪桐蔭)も加わり、外野の定位置争いは激しい。約5キロ増の体重86キロで臨んでいる6年目の岡は「藤原のがむしゃらさは見習わないといけない」と年下のルーキーからも貪欲に学ぶ。井口監督も「(岡)大海がいい形をつくってくれた。ああいう1番打者が必要」と積極性を評価した。

 ▼ロッテボルシンガー(実戦初登板で2回2失点)今日はしっかり直球を投げられるかがテーマ。(一発を浴びた)山川にはもっと低めに投げる必要があった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月25日のニュース