【新井氏&鈴木誠也対談1】誠也「40発100打点で4連覇を」

[ 2019年1月2日 14:03 ]

新春対談で本音を語った新井氏(左)と鈴木誠也
Photo By スポニチ

 2019年元旦。豪華な共演が実現した。今季から背番号1を背負う広島・鈴木誠也外野手(24)と、本紙評論家として第2の人生をスタートさせた新井貴浩氏(41)による新春吉例「新旧4番打者」対談。数々の仰天エピソードを交えながら4番道を熱く語り合う中で、鈴木はリーグ4連覇と悲願の日本一を目指す今季の目標として40本塁打、100打点を掲げた。(構成・江尾 卓也)

  ◇    ◇    ◇

 新井 「誠也、明けましておめでとう」

 誠也 「明けましておめでとうございます」

 ――新井さんは、この対談がスポニチ評論家としての初仕事です。

 誠也 「お手柔らかにお願いします」(笑い)

 新井 (笑い)「さっそくだけど、年を越すともう始まる…という感覚になるよな」

 誠也 「なりますね。新井さんは引退されてどうなんですか?」

 新井 「正直、今はそういうのが全くないから解放感があるよ。オフのメニューは順調に消化できている?」

 誠也 「もう一度しっかり走れるようにしたいので、それを念頭に右足のリハビリをやっていますが、段階は早いと思います。トレーナーさんとは、1月の自主トレ前にある程度の動きを…と話していましたが、12月中旬にはできているので」

 新井 「骨折前のいい状態を100%としたら今はどれくらい?」

 誠也 「50〜60%にはなったかな…と」

 新井 「それでもまだ50〜60%なんだ」

 誠也 「でも、最悪に痛い時が100としたら、今はゼロに近いです。全く違います」

 新井 「切り返しの動作はまだ痛いの?」

 誠也 「痛くはないけど、力が入らない感じです。でも、シーズン中にできなかったことができているので、ステップとしてはすごくいいかな…と」

 新井 「ま、2次的なケガにつながらなくて本当によかったよ。焦る必要はない。段階を追いながら、開幕に合わせてやればいい」

 誠也 「そうですね」

 新井 「今季は、丸が抜けた中で4連覇を目指すことになる」

 誠也 「丸さんが居ないからといって、さほど変わることはないと思います。大きいのは新井さんです。ダメな時に言ってくれたり、ストップかけてくれた人が居ない。個が大事になるかな…と」

 新井 「個人個人か」

 誠也 「はい。個人個人がしっかり考えを持ってやれば勝てると思います。ただ、個がバラバラになってしまうと危ないかな…と」

 ――巨人、阪神が大補強しています。

 誠也 「それより自分たち。まとまれば大丈夫です。個を抑えて、いかにチームとしてまとまっていくか」

 新井 「個人的な数字でいえば、キャリアハイを目指してほしい。40発はどうだろう」

 誠也 「やっぱり打ちたいですよ。昨季は30本打って安心したところがあったので、目標は高く持っておかないといけない…と痛感しました。丸さんが39本打ったので、それ以上を目指さないといけない…と思いますね」

 新井 「結果4連覇」

 誠也 「そうですね。ボクが40発打って100打点を挙げれば、その可能性は高くなってくると思うので」

 新井 「カープの打線は前後のバランスがいい。今までは丸が居て分散されていたけど、今季は誠也へのマークがキツくなる。4番は大変だけど、ケガなくやれば、3割、40本、120打点は普通に達成できる。日本シリーズでライトに打った本塁打(10月30日の第3戦、1―4の6回にミランダからソロ)なんて、またちょっと違う感覚でね。外角高めの真っすぐをね」

 誠也 「違う感覚というよりも、今まで打ったことのない打球でした。あの高さのアウトハイのボールを」

 新井 「あの方向に」

 誠也 「はい。どちらかと言うと、ボクは左中間に引っ張り込んで打つタイプ。思っていたスタイルとは違う打球が飛んだので…」

 新井 「今もスゴいけど、誠也のポテンシャルならまだまだスゴい選手になれる。40本じゃなく50本すら目指せるし、3割3分の50発を打つ可能性を秘めているからね。まだ若いし、あんな感じの一発が出だしたら、数はもっと増えるよな」

 誠也 「はい。逆方向の打球が増えれば普通に増えると思います」

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2019年1月2日のニュース