PR:

大谷 “先輩だから”日本でプレー元助っ人にあいさつ

インターリーグ   エンゼルス4―3ジャイアンツ ( 2018年4月21日    アナハイム )

<エンゼルス・ジャイアンツ>試合前、ジャイアンツのパウエル(左)、ミューレン両コーチとあいさつを交わす大谷
Photo By スポニチ

 試合前のエンゼルス・大谷は打撃練習後、ジ軍のアロンゾ・パウエル打撃コーチ(元中日)と、ヘンスリー・ミューレン・ベンチコーチ(元ヤクルト)のところに出向き、あいさつした。

 94〜96年に外国人選手史上初の3年連続首位打者を獲得したパウエル氏は「自己紹介をしただけ。日本でプレーしていた“先輩”だから」と笑い、「投手でありながら、メジャーの投手の球を打つのは非常に難しい。信じられない選手だ」と称賛した。

[ 2018年4月23日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月26日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム