マエケン メジャー2度目の代走出場 シーガーの一発でホーム踏む

[ 2016年8月1日 08:43 ]

ベンチで笑顔を見せるドジャースの前田 (AP)

ナ・リーグ ドジャース14―3ダイヤモンドバックス

(7月31日 ロサンゼルス)
 ドジャースの前田健太投手(28)が7月31日のダイヤモンドバックス戦に代走で出場した。

 前田がメジャーで代走出場するのは、7月6日のオリオールズ戦以来2度目。7回、8―3とチームがリードした場面で先頭の代打・トールズが中前打で出塁すると、ロバーツ監督は代走に前田をコール。アットリーの二塁打で三塁にまで進塁すると、続くシーガーの3ランでホームを踏み、この回でベンチに退いた。

 試合は17安打と打線が爆発したドジャースが14―3でダイヤモンドバックスに大勝した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年8月1日のニュース