ミレッジ、ヤクルト退団へ 戦力構想外で保有者名簿外れる

[ 2015年12月23日 05:30 ]

退団が決定的となったミレッジ(左)

 ヤクルトのラスティングス・ミレッジ外野手(30)が退団することが22日、決定的となった。

 関係者によると、首脳陣が戦力構想外である意向を示したことを受け、この日、球団が保留者名簿から外す手続きを取ったという。

 ミレッジは来日1年目の12年に打率・300、21本塁打と活躍。同年オフに3年契約を結び直し、16年は両者が希望した場合に延長される契約となっていた。13年以降は右肩の故障などに苦しみ、今季も24試合の出場にとどまった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年12月23日のニュース