バーネット レンジャーズと2年契約合意 米メディア報じる

[ 2015年12月11日 06:20 ]

ヤクルトのバーネット

 ヤクルトから自由契約となったトニー・バーネット投手(32)がレンジャーズと2年契約で合意したと、ダラス・モーニングニューズ紙電子版が報じた。

 バーネットはメジャー移籍を目指し、譲渡金50万ドル(約6100万円)でポスティングされたが、30日間の交渉期限の間に契約は成立せず。ヤクルトが本人の米球界復帰希望をくみ、自由契約としていた。

 06年ドラフト10巡目でダイヤモンドバックスに入団した右腕は、4年間マイナー暮らしが続きメジャー経験はない。今季は41セーブで14年ぶりのリーグ優勝に貢献。右肘手術から復活を目指すダルビッシュと、メジャーの舞台で投手リレーを演じる可能性が出てきた。レ軍の中継ぎ投手陣は強力な陣容だが「これでより安定感は増し、既存戦力をトレード要員としてさらなる補強が可能になる」と同紙は伝えた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年12月11日のニュース