PR:

真中監督 早とちりガッツポーズ ロゴを当たりと…金本氏ニンマリ

ヤクルト・真中監督(右)は外れクジを当たりと勘違いしガッツポーズ。阪神の金本監督はクジを最後まで見なかった

 「プロ野球ドラフト会議 Supported by リポビタンD」が22日に都内のホテルで行われ、抽選結果の思い違いで交渉権確定球団が訂正されるトラブルがあった。明大・高山俊外野手(22)のドラフト1位指名でヤクルト、阪神が競合。ヤクルト・真中満監督(44)が外れクジを当たりと勘違いし、インタビューを行った直後にクジを確認した日本野球機構(NPB)が阪神の当たりと訂正した。阪神・金本知憲監督(47)にとっては就任早々の大仕事となった。

 右手に持った紙をヤクルト・真中監督は握り、両手を突き上げた。阪神・金本監督はその姿を横目に、頭をかいて壇上から降りた。先に行われていた仙台育英・平沢、県岐阜商・高橋の抽選に続き、高山の抽選も最後の1枚を引いた“残りものに福”でヤクルトの勝ち…と思われた。すぐさま、真中監督の喜びのインタビューが始まった。

 真中監督 ドキドキしました。一番先に開いてやろうと思っていたので良かった。三拍子そろった選手。チームを代表する選手になってほしい。

 だが、数分後。両球団のクジを確認したNPBの井原敦事務局長がヤクルトのテーブルに出向いて、外れクジであることを伝えた。「えっ、これ違うの?」との真中監督の声。阪神側には交渉権確定が伝えられた。両球団へ頭を下げた井原事務局長は「おわびと訂正をいたします。当たりクジを引きましたのは阪神球団でございます」とアナウンス。立場逆転、金本監督が再び登壇だ。

 金本監督 ビデオ判定でホームランが覆った。そういう心境です。僕、持ち替えたんですよ。持ち替えて外れだから“アチャ~”と。真中監督のあの叫びにだまされて。(クジを)見なかった。

 真中監督の早とちり。開会前に「交渉権確定」の判があるものが当たりだと説明されていた。各球団のテーブルにも図解された用紙は置かれていたが、クジの左側に押されたドラフト会議のロゴを見て手を上げてしまった。「勘違いしてしまいました。ガッツポーズを返してください」。昨年は済美・安楽の1位抽選で、楽天との一騎打ちに敗れた。さすがに落胆の色は隠せなかった。

 都内の明大合宿所で中継を見守った高山は「何が起きるか分からないのがドラフト会議。自分でもよく分からない」と苦笑するしかなかった。阪神は、高橋と思われていた大方の予想と異なる指名が成就。会見した金本監督は「まさにビデオ判定の逆転ホームラン」とテレビインタビューでの言葉を繰り返し、「445号の時を思い出した」と笑った。長嶋茂雄の444本を抜いた本塁打は、二塁打がビデオ判定で覆ったものだった。

 新指揮官が就任即のセ・リーグ王者からの“白星”。「練習はキツイですよ。それをまず伝えます」。指名あいさつへ向かう足取りは弾んで見えた。 (倉橋 憲史)

[ 2015年10月23日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月23日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム