就任半年で3大目標達成!早大・高橋監督 男泣き日本一

[ 2015年6月15日 05:30 ]

<流通経大・早大>優勝を決め歓喜の石井(中央)ら早大ナイン

全日本大学野球選手権最終日・決勝 早大8―5流通経大

(6月14日 神宮)
 決勝が行われ、早大が流通経大を8―5で下し、3年ぶり5度目の優勝を飾った。7回に逆転の2点打を放った石井一成内野手(3年)が、9回には2試合連発となる右越え2ランを放ち3安打4打点の活躍。高橋広監督(60)は就任1年目で日本一に輝いた。また、茂木栄五郎内野手(4年)が最高殊勲選手賞と首位打者賞の2冠を獲得。29年ぶりに決勝に進出した流通経大は、連投となった生田目(なばため)翼投手(3年)が終盤につかまり、初優勝はならなかった。

 ナインの手で3度宙に舞い、優勝インタビューを受ける高橋監督の目には光るものがあった。普段は冷静な指揮官が感極まる。「本当にうれしい…。素晴らしい選手に胴上げしてもらって感激した。選手に恵まれ幸せです」と声を震わせる姿を見て、選手たちの目からも自然と涙がこぼれた。

 苦しい戦いをくぐり抜け栄冠を手にした。初回に1点先制するも逆転を許し、2回以降は打線が155キロ右腕・生田目を打ちあぐねた。だが、高橋監督は連投の相手エースは必ず疲れが出ていると読み「後半勝負」と慌てなかった。2点を追う7回に茂木の適時打で1点差に迫り、なおも満塁から石井が初球のフォークを叩く。一塁手の前でイレギュラーバウンドした打球が右前へと抜ける2点適時打。生田目を引きずり降ろし、この回計5点で逆転した。

 徹底的に振り込んだ成果が大一番で出た。石井はレギュラー奪取のため今年3月の沖縄キャンプで3時間半スイングを続け、打撃用手袋は数日でボロボロになった。「チーム一振った自信と数を思い出して、諦めちゃいけないと思った」。6―5と1点差まで詰め寄られた9回には右翼席へ2ラン。2試合連続の一発でダメ押しした。

 高橋監督は就任時に掲げた「早慶戦で勝ち点、リーグV、日本一」の目標を就任からわずか半年で達成した。過去に鳴門渦潮(徳島)や高校日本代表の監督も務めた指揮官は「高校時代から退化してるぞ!」と厳しく声を掛ける一方で「大学生は意味を理解させないと動かない」と選手たちの自主性も尊重した。練習は劣勢の試合展開を想定して打撃練習を行うなど工夫し終盤に逆転した集中打に表れた。

 春季リーグ戦では唯一のチーム打率3割を記録し、今大会でも同・373で4戦35点と猛打を発揮し、3年ぶりの日本一に。「高校では日本で2番目(02年センバツ準優勝)。日本一になりたかった」。指揮官の潤んだ目には、たくましくなった選手たちの姿が映っていた。

 ▼早大・河原主将(自身2度目の日本一に)新チームになったときは周りから弱いと言われていて悔しかった。絶対に見返そうと思っていたのでうれしい。

 ▼日本ハム・斎藤 もちろん気にしていた。面識のある選手も何人かいる。その選手が活躍したと聞いてうれしい。

 ▼日本ハム・有原 決勝は早稲田らしい粘り強い試合での勝利だったと思う。昨年までともに戦った仲間の優勝は本当にうれしい。この優勝を糧に僕も頑張っていきたい。

 ▼ロッテ・中村 結果はいつもチェックしていた。決して強くないと言われていたチームだけど、新監督の下で力を付けたのだと思う。おめでとうございます。

続きを表示

この記事のフォト

2015年6月15日のニュース