平野佳が自主トレ公開 60試合登板へ、課題は「抜き球」

[ 2015年1月3日 14:52 ]

 昨季パ・リーグ新記録の40セーブでタイトルを獲得したオリックスの平野佳寿投手が3日、京都府久御山町のNTT淀総合運動場で岸田護投手とともに自主トレーニングを公開し「ことしもしっかり60試合投げられるようにしたい」と6年連続60試合以上の登板へ意気込んだ。

 元日から始動しており、この日はグラウンドが雪に覆われたため主に室内で汗を流した。「抜き球のカーブ、スライダーの精度を高めて直球とフォークが生きるようにしたい」と投球の幅を広げることを課題に挙げた。

 昨季55試合に登板した岸田は「けがをせず、投げ続けたい。結果を出して優勝できたら最高」と10年目の今季の活躍に力を込めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年1月3日のニュース