阪神ドラ5・植田 トラの「忍者」になる!滋賀県甲賀出身

[ 2015年1月3日 05:30 ]

忍者のような身のこなしで?雪だるまを跳び越える植田

 阪神のドラフト5位・植田(近江)が「忍者」を目指す。

 地元の滋賀県甲賀市内で自主トレを公開。同市は甲賀忍者の地としても知られ、植田も小学生の時に名所でもある「忍術屋敷」を訪れたことがあるという。一面銀世界で肌を刺すような寒さの中、「忍者みたいやなと言われるような選手になりたい。いずれはゴールデン・グラブ賞も獲りたい」と熱く語った。

 50メートル5秒8の俊足と堅守を持ち味とする遊撃手。「手裏剣」のごとく鋭い送球、相手を「落とし穴」に導くずる賢い動きなど、一流へ駆け上がるための「忍術」が次々と浮かぶ。滋賀県出身ではソフトバンク・松田、楽天・則本が侍ジャパンでも活躍。「凄い選手なので日本代表で一緒にやってみたい」。忍者からその先の侍を目指す修業が始まった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年1月3日のニュース