ロッテ 「ファンサービス年間大賞」創設も

[ 2015年1月3日 05:30 ]

 みずほ銀行出身で「幕張のリアル半沢直樹」と呼ばれるロッテの山室晋也球団社長が、新たな社長賞として「ファンサービス年間大賞」を創設するプランを明かした。

 「1年間通じて最もファンサービスに貢献した選手を表彰する制度があればいい。賞金100万円ぐらい出してもいい」。今年は球団としてファンサービスの大改革を打ち出しており「毎月ファン感謝デー」の開催なども決定。「ファン投票やネット上でのファンの反応などもチェックして決めたい」とし、大賞受賞者にはポケットマネーで振る舞う考えだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年1月3日のニュース