大学生投手では駒大・今永も上位候補 149キロの直球と度胸が売り

[ 2015年1月3日 10:33 ]

駒大の今永昇太投手

今秋ドラフト展望

 大学生投手では昨秋の明治神宮大会を制した駒大のエース左腕・今永も上位候補に挙がる。

 昨秋には全日本代表候補合宿にも参加し自信をつけた。149キロの直球と度胸満点のマウンドさばきが売りで「まずはリーグ戦に集中して、その結果、みんなに認められてプロに入れれば理想」と語る。また、福岡大の1メートル84の長身左腕・唐仁原(とうじんばら)、1年秋の神宮大会でノーヒットノーランを達成した富士大の151キロ右腕・多和田も上位指名に挙がってきそうだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年1月3日のニュース