社会人No・1左腕は“変則二刀流”かずさマジックの加藤

[ 2015年1月3日 10:39 ]

今秋ドラフトの目玉、新日鉄住金かずさマジックの加藤

今秋ドラフト展望

 社会人No・1左腕は、新日鉄住金かずさマジックの加藤だ。拓大紅陵(千葉)では投手だったが入社当時は内野手。2年目から再転向した異色の経歴を持つ。

 「昨年は肘を痛めたり、フォームを修正しきれないまま大会で投げることがあった。全てにおいて昨年以上の成績を残したい」と意気込む。最速は144キロながら巨人・山下哲治スカウト部長が「スピードガン以上に伸びを感じる」と評する球質が持ち味だ。ブレーキの利いたスライダーも武器で、大舞台の経験も豊富。「プロは小学生のときに憧れていた。まずはチーム優先で(ドラフトは)その先」と、日本一を目標に腕を振る。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2015年1月3日のニュース