オリ移籍の小谷野、定位置争いを歓迎「セカンドも外野もやる」

[ 2015年1月3日 15:59 ]

 日本ハムからオリックスにフリーエージェント移籍した小谷野栄一内野手が、東京都八王子市にある母校の創価大で自主トレーニングを行っている。3日は同大OBの小川泰弘投手(ヤクルト)らと汗を流し「例年になく良い環境でやれている。キャンプが楽しみ」と充実感を示した。

 オリックスは今オフに同じ一、三塁手候補の中島裕之内野手やブランコ内野手を獲得。2010年に打点王に輝いた小谷野もレギュラーは安泰ではないが「レベルの高い競争がチームの総合力に変わる。やれと言われればセカンドも外野もやる」と意気込んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年1月3日のニュース