×

浦和学院 初V王手!エース江口が連続完投「絶対優勝」

[ 2014年11月18日 05:30 ]

<浦和学院・東海大菅生>2戦連続完投の浦和学院・江口

明治神宮野球大会第4日・高校の部準決勝 浦和学院6―1東海大菅生

(11月17日 神宮)
 浦和学院はエース左腕・江口が2戦連続完投で初優勝に王手をかけた。

 直球の最速は130キロだったがスライダー気味に変化するクセ球で的を外し、8安打1失点。「テンポ良く打たせることができた」と胸を張った。昨春センバツ優勝投手・小島の後継と期待されたが、高校入学時に右目が一部かすんで見える原因不明の病気を患った。当初はキャッチボールもままならなかったが、今夏奇跡的に完治。秋から戦列に戻り、全国の舞台で持ち前の制球力を披露した。決勝は昨夏の甲子園1回戦で敗れた仙台育英と再戦。「ここまで来たら絶対に優勝する」と力を込めた。

 ▼東海大菅生・若林弘泰監督 バント失敗などまだまだ課題が多い。組織力、ここ一番の集中力、そこが差なのかな。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年11月18日のニュース