ウソ?ホント?カンセコ氏がネットオークションに出品した物とは…

[ 2014年11月18日 17:25 ]

ホセ・カンセコ氏

 14日に自身のツイッターで拳銃を誤射して左手中指が取れてしまったと衝撃の事実を明かしたホセ・カンセコ氏(50)だが、再び自身のツイッターで人々を仰天させている。

 カンセコ氏は自身の指を奪った拳銃の写真をアップして何と「この拳銃をもうじきネットオークションに出品する」とツイート。これだけでも驚きだが、さらにカンセコ氏は「メジャー通算462本塁打を放った中指もストローとして使えるかもしれないので同梱する」とウソかホントか判断しかねることを世界中に発信した。

 現地でこの内容を伝えた電子版の記事に対して、ファンからは「体の一部を販売するなんて違法じゃないのか」、「カンセコだってバカじゃあるまい。悪ふざけだろう」などのコメントが寄せられた。

 カンセコ氏はメジャー通算17年でアスレチックスなど7球団で活躍。88年には42本で、91年には44本で2度の本塁打王に輝き、自身のツイッターにもあるように通算462本塁打を記録した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月18日のニュース