ドアラ 25%ダウンでサイン 終身契約打診を快諾“体の限界まで”

[ 2013年12月18日 15:25 ]

25%ダウンで更改し、ギャラの食パンが「これだけ減った」と示すドアラ
Photo By スポニチ

 中日のマスコットキャラクター、ドアラが18日、名古屋市内の球団事務所を訪れ、今季年俸の25%ダウンで契約を更改した。

 年俸は食パンで支払われ、選手の統一契約書ならぬ、「マスコッ統一契約書」による契約書にサインした。来季の目標は「ひねり(を入れたバック転)でバシバシ決めていく」とボードに掲げた。

 また、落合GMの意向により終身契約を打診されると、体の限界までと快諾した。さらにインセンティブ契約も提示され、5割を切ったバック転の成功率(23勝26敗、・469)が今季を上回れば“特別報酬”を手にできることになった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年12月18日のニュース